読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務局通信・別冊

文学作品展示即売会「文学フリマ」の事務局代表・望月の日記です。こちらは個人的な話題メインで書き連ねていきます。

Jリーグのジンクス

ジュビロ磐田がマジでJ2に降格しそうだ。

しそう、というか数字の上でまだ「決定」ではないだけで、もはや降格は免れない状況だ。

昨年から「前田遼一のデスゴール」(前田にシーズン初ゴールを決められたチームは降格する)がやたら騒がれたが、今年はそのデスゴールを決められた浦和が好調で、呪い返しのごとくジュビロが降格してしまうようだ。

一方ジュビロが降格となると、昨年でジンクスが途切れたと言われていた「三ツ沢の呪い」(横浜F・マリノスニッパツ三ツ沢球場でリーグ戦をしたチームのうち必ず1チームがJ2に降格する)が復活したことになる。

実は昨年の三ツ沢ではセレッソ、新潟、大宮が試合をしており、セレッソを除けばJリーグの別の有名ジンクス「オレンジの残留力」(オレンジをチームカラーにするチーム=清水、大宮、新潟は開幕前の降格予想によく名前が挙がられるにもかかわらず降格しない)がまさった形になっていた。

Jリーグのジンクスにも効力の順位があり、

オレンジの残留力>三ツ沢の呪い>前田のデスゴール

ということになるのかもしれない。