読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事務局通信・別冊

文学作品展示即売会「文学フリマ」の事務局代表・望月の日記です。こちらは個人的な話題メインで書き連ねていきます。

テレビ日記「岩井俊二のMOVIEラボ」

1月改編で始まったテレビ番組の中でも「岩井俊二のMOVIEラボ」はおもしろい。

http://www4.nhk.or.jp/movielab/

毎週ひとつのテーマの映画を岩井俊二と豪華なゲストが語る、という番組だが、トークもさることながらそのテーマを掘り下げるVTRがとてもよく出来ている。

これまでのテーマは「SF」「特撮」「ラブストーリー」「ホラー」。

各回でそのジャンルを俯瞰したVTRが流れるのだが、ほとんどの場合、映画の実際の映像がちゃんと流れるのだ。

このテの番組でありがちな“イメージイラストでごまかす”ことをせずに、ちゃんと使用許諾をとって原典の映像を紹介しているのがとてもわかりやすい。

ハリウッドの大ネタである『2001年宇宙の旅』や『ジェラシックパーク』あたりの映像もしっかり使っていたし、円谷プロの映像も流れていた。

また、「ラブストーリー編」で“蒼井優が選ぶこの一本”として『ロッキー』を取り上げた際にも、スタローンが「エイドリア~~~~~~~ン!」と叫んで駆け寄ったエイドリアンと抱擁する映画のラストシーンをばっちり紹介していた。

実際のアニメや漫画をばんばん登場させていたドラマ「アオイホノオ」も『ロッキー』ばかりはしょーもない再現映像でギャグにするしかなかったというのに、さすがはNHK!

 

それにしても蒼井優である。

「一番好きな恋愛映画は?」と聞かれて

「『ロッキー』。私にとっていちばん、中心にLOVEがある映画」

なんて答えてくれる女性がこの世に実在したなんて!

このひと言で惚れました。

 

ちなみに岩井俊二が「『ガンダム』の恋愛描写が衝撃だった」と童貞のような回答をしていたのも印象的。

「最 初にでてきたおせっかいな幼なじみ(フラウ・ボウ)とくっつんだろうなと思ってみてたら、その娘がさえない脇役(ハヤト・コバヤシ)のほうと仲良くなって いってね、アムロは大人の女性(マチルダ)に惹かれたりしながら、でもほとんど会話したこともないような女の子(ララァ)と宇宙空間で心が通じる」

で、もちろん『ガンダム』の映像も紹介されていた。

ガンダムエルメスが交錯して画面分割でアムロララァが会話する有名なシーンもばっちりとね。

 

先週の「ホラー編」ではジョージ・A・ロメロの諸作品や『死霊のはらわた』『エクソシスト』あたりの映像をNHKの電波で見ることができた。

ゾンビや悪魔モノはキリスト教的な価値観が強いアメリカだからこそホラーとして取り上げられたという側面をちゃんと解説していたのもよかった。

言い換えれば、アメリカ人にとって「異教」が恐怖の対象なのだ、ということ。

実は、このご時世ではきわどい話題である。

 

この番組は次回2/12,19に放送の「ドラマ編」パート1,2で番組は終了のようだ。

「ドラマ編」はもはや日本映画界の仙人と化している大林宣彦がゲスト。

必見です。